[PR]

日銀政策金利発表・日銀展望レポート・植田日銀総裁記者会見を前に米ドル円は調整の動き ユーロ米ドルはストップに掛かり損切り

この記事は約2分で読めます。

明日は、日銀金融政策決定会合が終了し、政策金利発表が行われた後に植田日銀総裁の記者会見が予定されており、世界中が注目する1日となっています。

植田日銀総裁の記者会見はいつも通り15:30から行われますが、日銀金融政策決定会合の終了時間と政策金利発表の時間は、こちらもいつ通り未定となっています。

発表が遅れれば、何かサプライズがあるのかとの思惑で相場が乱高下することが多く、皆さんが言われているように、新興国でも時間通り発表することから時間は決めて欲しいものです。

米ドル円4時間足チャート

米ドル円4時間足チャート
PR:ブログでの使用ツール ヒロセ通商 LION FX C2

米ドル円4時間足チャートです。

米ドル円は、週明けで日銀金融政策決定会合・政策金利発表・植田日銀総裁記者会見を控えてレンジ傾向となっています。

高値は148.30円ですが、安値は146.21円まで売り込まれる場面もありましたが、NY市場終盤では148.10円付近まで買い戻されていて底堅い展開となっています。

買い優勢の展開となれば、150円台が見えてきますし、売り優勢の展開となれば急ピッチで上昇した分の調整で大きく下げることも考えられます。

明日、どちらかに方向性が出ればそちらに乗っていきたいと思っていますが帰宅は深夜です(笑)

ユーロ米ドル1時間足チャート

ユーロ米ドル1時間足チャート
PR:ブログでの使用ツール ヒロセ通商 LION FX C2

ユーロ米ドル1時間足チャートです。

先週末に寝落ちで持ち越してしまったポジションは、1.0907のストップに掛かり損切りとなってしまいました。

昨日のユーロ米ドルの高値は1.0994ですので、2pipsほど抜けてしまっています。

ストップの位置はそこそこ良かったかなと思う反面、寝落ち持ち越しは避けたいと思い反省しています。

トレード結果

ユーロ米ドル S1.0885 → 1.0907 -22pips