ユーロ米ドル [EUR/USD]

ユーロ米ドル [EUR/USD]

ユーロ米ドルの戻り売りを狙うも1.0900付近まで上昇 週末は下ひげの陽線で終了

今週のユーロ米ドルが1.0900付近まで上昇するなどドルストレートが堅調推移でした。 あわせてクロス円も上昇が止まらない感じになっていて介入分を帳消しにしそうな勢いで上昇しています。 仕事が忙しく時間が取れない状況が続いていましたが、ユーロ[続きを読む]
ユーロ米ドル [EUR/USD]

ユーロ米ドル日足トレンドラインが上値を抑える展開 日足と週足20EMAの間で推移中

米ドル円は介入警戒感からか時折下げに転じる場面もありましたが、主に156円手前で神経質な値動きとなる1週間でした。 この動きが反映する形となっいるのかユーロ米ドルも大きく動くことはなく小さな値幅に収まっています。 先日記載した、日足トレンド[続きを読む]
ユーロ米ドル [EUR/USD]

米ドル円は介入警戒で買い控え ユーロ米ドルの売りを検討しての短期トレード

米消費者物価指数が市場予想を上回り、その後の米ドル円は153円を超えて堅調推移しています。 米ドル円は、介入警戒感から買いから入るのは危険と判断し、多通貨+米ドルの組み合わせで検討しました。 もちろん、米ドル買いです。 ユーロ米ドル1時間足[続きを読む]
ユーロ米ドル [EUR/USD]

ユーロ米ドルが4時間足200EMA付近まで急上昇 戻り売狙いのポジションは早々にストップに掛かる

ユーロ米ドル4時間足チャート PR:この記事での使用チャート  ユーロ米ドル4時間足チャートです。 一昨日は1.0720付近で下げ止まると買い戻され、1.0770付近で推移していました。 4時間足20EMA(ピンク)が頭を押さえて再度下げに[続きを読む]
米ドル円 [USD/JPY]

米ドル円151円割れで推移中 米FOMC・日銀追加利上げ観測記事で深夜にも関わらず忙しい相場となる

米FOMC・パウエルFRB議長記者会見の内容 米FOMC声明 インフレ低下への確信が強まるのを待つと再言及。 経済活動は堅調なペースで拡大していると再言及。 雇用の増加が緩やかになったとの表現を省略。 決定は全会一致。 同じペースで国債とM[続きを読む]
ユーロ米ドル [EUR/USD]

ユーロ米ドル1.0900台到達も短命に終わるか否か 買いポジションはロンドン時間に利食いしてスッキリ

昨日は、2月ADP雇用統計、1月JOLTS求人が下ぶれし米ドル円が下落しました。 その動きを受けユーロ米ドルがついにレンジを上抜けし1.0900台に到達しています。 今晩もECB政策金利発表、ラガルトECB総裁・パウエルFRB議長の記者会見[続きを読む]
ユーロ米ドル [EUR/USD]

ユーロ米ドルが一瞬上抜けするも再びレンジに逆戻り ビッグイベントを控え小動き相場が続く

今週は、週末の米雇用統計発表に注目が集まりますが、7日にはECB政策金利発表・ラガルトECB総裁会見、パウエルFRB議長会見など大きなイベントが控えています。 ユーロ米ドルは、若干レンジを広げましたが最終的には元の水準に戻ってきています。 [続きを読む]
ユーロ米ドル [EUR/USD]

ユーロ米ドル4時間足20EMA付近まで上昇 週足サポートラインは効いているかも 1.0741の買いポジションは利食い

昨日は、大きな経済指標発表もなくあまり動かなかった印象です。 ユーロ米ドルの買いポジションがストップに掛からず少し上昇していましたので、仕事の休憩時間を利用してスマホで確認していました。 週足チャートに引いたサポートラインは効いているのかも[続きを読む]
ユーロ米ドル [EUR/USD]

ユーロ米ドルが下げ幅拡大 1.0720付近は週足でサポートされるかに注目 短期逆張りで買いエントリー

週明けの月曜日は米ドル円が148.88円まで上昇しましドル買い優勢の流れとなりました。 ドルストレートが下げてクロス円も下げる形となりましたので、リスク回避的な動きだったのかなと思っています。 この流れてユーロ米ドルも下げ幅を拡大していて、[続きを読む]
ユーロ米ドル [EUR/USD]

ユーロ米ドルは日足20EMAがレジスタンスとなる動きも長期EMAが100pips内に集結で方向感なく難しい展開

最近は仕事の帰宅の時間が深夜で、なかなかトレードする機会が少なくなっています。 それでもユーロ米ドルをちょこちょこ確認していますが、各時間足で横に動く展開が続いています。 視野を広げてもう少し長い時間を確認するも20EMAが狭い範囲に集結し[続きを読む]