[PR]

欧州・英国市場の初動でポンド米ドルのレンジブレイクを狙う またもやダマシに引っ掛かるも恒例のドテンで事なきを得る

この記事は約2分で読めます。

今晩は、11月米ISM製造業景況指数発表(24:00)やパウエルFRB議長発言(25:00)が予定されていて、市場の関心はそちらに向いている様です。

そんな中、米ドル円・クロス円は、難しく感じるのでポンド米ドルを選び、欧州・ロンドン市場の初動での動きを狙ってみました。

ポンド米ドル15分足チャート

PR:ヒロセ通商 LION FX ポンド米ドル スプレッド0.6pips~提供中 詳細はこちら

ポンド米ドル15分足チャートですが、東京市場の午前からお昼に掛けては買い優勢となり1.2656まで上昇していました。

お昼からはレンジで推移し、欧州・ロンドン市場を迎えましたので、レンジブレイクを狙いました。

1.2700台から下げてきた相場なので、一応の目線は下で考えていましたが、1.2600付近のサポートラインが意思されることが多く、値幅も限定的に狙いました。

16:00過ぎ上がりから動きが出てきて、15分足20SMA(ピンク)が頭を押さえ、1時間足20SMA(オレンジ)をローソク足が下抜けて、更にレンジも下抜けました。

このタイミングで1.2631で売りエントリーしました。

そして、またまた引っ掛かってしまいました(笑)

一瞬ググッと下げたのですが、含み益は3pipsほどで見事に反転していまいました。

しかも、一気にレンジを上抜けましたのでストップ(レンジ上限)に掛かり損切りとなりました。

このトレードは、-14pipsでした。

最近は、幸か不幸か慣れてしまったので、1.2648でドテン買いエントリーで動いた方向へついていきました。

その後は、1.2650台で底堅く推移し、18:30からの11月製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)までには1.2660台へと順調推移します。

最近の英国経済指標は強いものが多く、今回も市場予想を上回りさらに上昇で1.2670台へと着実に上昇しました。

ここで4時間足20SMA(ブルー)を突き抜けたところの1.2670で利食いしました。

このトレードは、+22pipsでした。

相場も行って来いなら収支も行って来いで、合わせて+8pipsと大きく負けなければどうってことないという自分らしいトレードになりました(笑)