[PR]

ユーロ米ドルが下げ幅拡大 1.0720付近は週足でサポートされるかに注目 短期逆張りで買いエントリー

この記事は約2分で読めます。

週明けの月曜日は米ドル円が148.88円まで上昇しましドル買い優勢の流れとなりました。

ドルストレートが下げてクロス円も下げる形となりましたので、リスク回避的な動きだったのかなと思っています。

この流れてユーロ米ドルも下げ幅を拡大していて、長期でそこそこ大事なポイントに差し掛かっています。

ユーロ米ドル週足チャート

ユーロ米ドル週足チャート
PR:ブログでの使用ツール ヒロセ通商 LION FX C2

ユーロ米ドル週足チャートです。

月曜日のユーロ米ドルは1.0723まで売られて先週からの流れを引き継ぐ形となっています。

この付近は、過去を参考に見てみると週足レベルのレジサポとなっていることがわかります。

ここで必ず下げ止まるという訳ではありませんが、幾度となくレジスタンスとなりサポートとなっているポイントなので、多くの人が見ていると考えています。

直近では、1.0448から1.1139まで上昇の押し安値となるのが2023年12月1週の1.0717となっています。

ユーロ米ドル15分足チャート

ユーロ米ドル15分足チャート
PR:ブログでの使用ツール ヒロセ通商 LION FX C2

ユーロ米ドル15分足チャートです。

週足を参考にかなり気が早いのですが、NY市場の後半で若干の戻りを期待して1.0741で買いエントリーしています。

週足でサポートラインとして意識されるかもというだけなので、売りが強まれば早めに撤退しようと考えています。

時間も時間なだけにあまり動かないかもしれませんが・・・