[PR]

欧州・ロンドン市場で米ドル円が146円台乗せに成功 米ドル円は避けたい感じなのでユーロ米ドルを売りエントリー

この記事は約2分で読めます。

先週141.59円まで下げた後に反発し、米雇用統計の結果が市場予想を上回り、米国経済の底堅さを見せつけられました。

今週は145円少し手前からスタートでしたが、東京時間から買い優勢となり、欧州・ロンドン市場の序盤で146円乗せに成功しています。

気づけば141.41円付近に日足のサポートラインを引いていたことに気が付きました。

先週の急落時は居合わせませんでしたが、もちろん買えなかったことでしょう(笑)

今週すでにユーロポンドの売りエントリーもしています。

米ドル円4時間足チャート

PR:ヒロセ通商 LION FX 米ドル円スプレッド0.2銭~提供中 詳細はこちら

米ドル円4時間足チャートです。

今週は、145円付近からスタートしていますが、今しがたの急上昇は146.45円付近に引いたレジスタンスラインでピタリと止まりました。

こういう風に自分が引いたラインで反応してくれるのは、なんだかうれしい気がします。

ユーロ米ドル4時間足チャート

PR:ヒロセ通商 LION FX ユーロ米ドル スプレッド0.3pips~提供中 詳細はこちら

ユーロ米ドル4時間足チャートです。

米ドル円は難しいかなと考えてユーロ米ドルの方を選びました。

1.0772付近にレジスタンスラインを引いていましたが、先週末からこの辺りで上値を押さえられている様です。

直下に日足・週足で押し目買いされそうなライン(水色)を引いていますが・・・

ユーロ米ドル15分足チャート

PR:ヒロセ通商 LION FX ユーロ米ドル スプレッド0.3pips~提供中 詳細はこちら

ユーロ米ドル15分足チャートです。

本日の東京時間から夕方にかけてレンジで推移していました。

欧州・ロンドン市場の序盤で、このレンジ下限の少し下1.0759に売り注文を出していたところ約定しました。

4時間足での直近安値が、週足・日足の押し目買いゾーンになりそうですが、週初めなので積極的に売っています。

今日は、特別大きな経済指標発表もありませんので、ストップを置いて少し様子をみたいと思います。