[PR]

ユーロポンドでポンド買い優勢 直近の安値を割り込みレンジの下限まで到達 ユーロ米ドルはストップに掛かり撤退

この記事は約2分で読めます。

本日夕方にユーロポンドの売りポジションとユーロ米ドルの売りポジションを作りました。

ユーロポンドは順調に下げて直近の安値を割り込み現在0.8555で30pips弱の含み益が出ています。

ユーロ米ドルは、エントリー後に反転してしまいまして、ストップに掛かってしまいました。

ユーロポンドの売りポジションは、オーバーナイトで持って持っておきたいと考えています。

今週は、イベント目白押しということでかなり動きがありそうですが、ユーロポンドのレンジ下抜けに期待しています。

ユーロ米ドル15分足チャート

PR:ヒロセ通商 LION FX ユーロ米ドル スプレッド0.3pips~提供中 詳細はこちら

ユーロ米ドル15分足チャートです。

今晩、ユーロ米ドルの売りエントリーしています。

15分足レベルの小さなレンジを下抜けで売り1.0759が約定しました。

わずかな時間の含み益はぬか喜びに終わってしまいまして、当初のレンジ上限を上抜けた辺り置いていストップの1.0774に掛かりました。

このトレードは、-15pipsでした。

その後は、チャート画像の通り戻りそうではありますが、損切り後にアタフタしても傷口を広げるだけなのでこのまま終了しました。

ユーロポンド15分足チャート

PR:ヒロセ通商 LION FX ユーロポンド スプレッド0.8pips~提供中 詳細はこちら

ユーロポンド15分足チャートです。

今晩、ユーロポンドの売りエントリーしています。

こちらは売りエントリー後は、順調に下げて直近安値群を下抜けし、ポンドの強さと言うよりもユーロの弱さが強調される下げとなっています。

そして、直近安値群と超短期の4時間足に引いたサポートライン(水色点線上)を下抜けています。

その下の月足トレンドライン(水色点線:同じ色で見づらい)を前に足踏みしています。

明日に英国雇用統計、明後日に英国GDP、その次の日は英中銀政策金利発表とイベント目白押しということから持ち越してみたいと思います。

ユーロ圏の経済指標は軒並み悪化という個人的なシナリオですが・・・