[PR]

米ドル円131.60円まで上昇場面!戻り売りではなかったのかな?

この記事は約2分で読めます。

週明けて月曜日の米ドル円は東京市場の後半からロンドン市場にかけて上昇しています。

先週の後半の流れからは戻り売りを狙おうと考えていましたが・・・

米ドル円15分足チャート

米ドル円15分足チャート

米ドル円15分足チャートを見ると途中大きく下がる場面もありましたが、右肩上がりの上昇となっています。

RSI(14)が70%に達してから25SMAまで下げ、そこから再上昇しています。

15分足チャートのRSI(14)は高い位置をキープしています。

米ドル円1分足チャート スキャルピング

米ドル円1分足チャート

今週は昼間が仕事の週で今日は17:00過ぎに帰宅しました。

最初に米ドル円1分足を見た時はレンジ気味で、15分足の方向感から買いのみ入りました。

レンジの下限で買って上限で売る・・・

と、そんなにうまくいくわけもなく、勝つわけでもなく負けるわけでもなくといった感じでした。

最終的に15分足で平均足が陰線になり、そこから陽線へ色が変わった場面の131.48円で買いエントリーし、今日の高値付近だった131.58円で利食いしました。

このトレードでは+10pipsでした。

そして、このブログを書いている間に131.70円まで上昇していました・・・