[PR]

東京市場が休場で市場は閑散 米ドル円の1時間足20SMAまでのジリ下げ場面で短期トレード

この記事は約2分で読めます。

本日は東京市場、NY市場が休場で市場が閑散となることが予想されます。

それでも、欧州・ロンドン市場で経済指標発表が多数予定されていて、欧州通貨中心に動きはありそうです。

昨日も米ドル円が上昇し、150円手前まで来ていますが、高値圏でレンジとなっていましたので朝方から狙ってみました。

米ドル円15分足チャート

PR:ヒロセ通商 LION FX 米ドル円スプレッド0.2銭~提供中 詳細はこちら

米ドル円15分足チャートですが、昨日の高値149.75円からはレンジで推移していました。

このレンジをどちらかに抜けた方へ売買を行おうと、レンジの上下に注文を入れ待機してした。

仮に買いエントリーの場合は150円まで、売りの場合は1時間足20SMA(オレンジ)付近までと、かなり都合の良い想定です(笑)

今回の場合は、7時頃に149.50円で売りエントリーとなりました。

この時間帯はもともと小動きですが、8時を過ぎても東京市場が休場ですので小動きが継続しました。

それでもジリ下げで下げて下げてで、1時間足20SMA付近(オレンジ)まで下げました。

少し様子を見て149.35円で利食いしました。

このトレードは、+15pipsでした。

仕事が夜勤務で時間も限られますし、まずまず良かったのではないかと思います。

米ドル円1時間足チャート

PR:ヒロセ通商 LION FX 米ドル円スプレッド0.2銭~提供中 詳細はこちら

米ドル円1時間足チャートですが、上げも下げも20SMA(ピンク)付近での反発が多い気がします。

もともと意識されるポイントではありますが、乱高下気味に動く今の米ドル円だと4時間足で待っているとチャンスを逃す場面も多く、こちらも合わせて見ることにしています。

あまり長くポジションを持っていると、すぐに刈り取られてしまうので、早め早めで・・・