#PR

豪ドル円が東京時間の1月全国消費者物価指数(CPI)の発表を受け98.50円割れ 買いポジションは損切りで入り直し

この記事は約2分で読めます。

本日は、1月全国消費者物価指数(CPI)の発表があり、その時間帯で少しだけ動きがありました。

指標結果は、すべて市場予想を上回る結果となっています。

この結果を受けて、昨日から持ち越していた豪ドル円の買いポジションがストップに掛かってしまいました。

1月全国消費者物価指数 指標結果

タイトル前回予想結果
1月全国消費者物価指数(CPI)(前年同月比)2.6%1.9%2.2%
1月全国消費者物価指数(CPI、生鮮食料品除く)(前年同月比)2.3%1.8%2.0%
1月全国消費者物価指数(CPI、生鮮食料品・エネルギー除く)(前年同月比)3.7%3.3%3.5%

豪ドル円4時間足チャート

豪ドル円4時間足チャート
PR:ブログでの使用ツール ヒロセ通商 LION FX C2

豪ドル円4時間足チャートです。

昨日から98.47円付近でサポートすると考えて買いポジションを持っていましたが、見事に下抜けてしまいストップに掛かってしまいました。

1段下の98.25円付近を次のサポートラインと考えて、今回も買いで入り直しました。

豪ドル円30分足チャート

豪ドル円30分足チャート
PR:ブログでの使用ツール ヒロセ通商 LION FX C2

豪ドル円30分足チャートです。

前回分の買いポジションの98.63円は、ストップを入れてた98.45円に掛かり損切りとなってしまいました。

1段下の98.25円を次の4時間足レベルでのサポートラインと考えて、反転していくところを98.36円で買いエントリーしました。

1度は4時間足20EMA(オレンジ)付近まで上昇しますが、ここで押さえられてしまい現在は98.50円手前で推移しているところです。