[PR]

ポンド米ドルがロンドン市場で上昇もダマシとなり元の水準に戻される 明日に米CPIを控え方向感なく

この記事は約1分で読めます。

週明けの月曜日は、東京市場が休場で中国も連休に入っていてお休みモード全開です。

しかも明日に1月米消費者物価指数の発表を控えて動きづらい様です。

ポンド米ドルは、1.2600から1.2640付近でレンジとなっていましたが、ロンドン市場での初動で上値を伸ばした形となりましたが、元の水準まで戻されています。

ポンド米ドル4時間足チャート

PR:ブログでの使用ツール ヒロセ通商 LION FX C2

ポンド米ドル4時間足チャートです。

ロンドン市場での初動は、日足20EMA(オレンジ)付近の1.2654まで上昇しましたが、長めの上ヒゲとなり元に戻りました。

この付近まで持ち上げて反転し1.2600割れまでの展開を期待していましたが、4時間足20EMA(ピンク)と週足20EMA(ブルー)付近が今のところサポートする形となっています。

明日に1月米消費者物価指数(CPI)の発表が予定されていて動きづらい感じなのでしょうか・・・