#PR

今夜のパウエルFRB議長の発言を前に米ドル円があっさり151円に到達

この記事は約1分で読めます。

米ドル円の月初の10月米雇用統計発表からの下げからの上昇が止まらない様です。

今夜28時より(正確には10日早朝4時)パウエルFRB議長が発言することも意識されているのでしょうか。

それにしても、一昨日は150円をあっさり、昨日は151円をあっさりと抜けてきています。

15分足チャートなどの短い時間軸でも、それほどもみ合うことはなく抜けてきています。

米雇用統計でポジションがスカスカになり、その後ショートしては切らされが続いて上昇しているのではないでしょうか。

米ドル円4時間足チャート

PR:ヒロセ通商 LION FX 最大100万円キャッシュバックキャンペーン実施中 詳細はこちら

米ドル円4時間足チャートですが、米雇用統計の下げから小さめのローソク足が連発していますが確実に上昇しています。

押し目は150.60付近でしょうか、150円は意外にもあっさり抜けきています。

年初来高値の151.71円をつけた時のように狂ったように上昇するのではなく、着実に上昇してきている感じがします。

この上値トライがいつまで続くのか注目したいと思います。