[PR]

豪ドル米ドルはレンジで捕まり気味のショートポジションに注目 [LION チャートPlus+]

この記事は約2分で読めます。

今週は豪ドル米ドル(豪ドル円も?)注目して見ていきたいと思っています。

日足・週足では注目のポイントに差し掛かっているようです。

あわせて豪ドル米ドルの売買ポジションを確認してみました。

豪ドル米ドル15分足チャート [LION チャートPlus+]

PR:ヒロセ通商 LION FX 最大100万円キャッシュバックキャンペーン実施中 詳細はこちら

※この価格帯別注文数は、LION FX [ヒロセ通商]での注文状況です。

豪ドル米ドル15分足をLION チャートPlus+で確認してみると、売買ポジションが売りに傾いていることが確認できます。

先週半ば辺りまでは売りが優勢していて、米ドルの強さもありましたので長期トレンドに沿ってトレードするとどうしてもショートで入ってしまう傾向にありました。

しかし、直近の豪ドル米ドルは買いが優勢していて、日足・週足の重要なポイントに迫っています。

売買ポジションでは、下で捕まってしまったショートポジションが残っています。

現在レートが週足の戻り売りゾーンとなっていることからも更にショートポジションが増えている様です。

ショートポジションが増えすぎると、逆に下りにくくなる傾向がありますので、少し前までの戻り売り一辺倒では難しい気がしています。

7日(火)には豪準備銀行(中央銀行)による政策金利発表が控えていますので、今週どちらかに方向感が出るのではないかと考えています。