[PR]

米ドル円が今年7月以来の日足20SMAをローソク足が下回って確定するかに注目

この記事は約1分で読めます。

米ドル円は、今のところ週明けの窓を埋めきれていません。

戦争によるリスク回避・FRB要人による発言など様々要因があり難しい相場となっています。

現在は149円を割り込み148.50円付近で推移しています。

米ドル円日足チャート

LION FX C2
チャート設定はこちらから

米ドル円日足チャートを見ると、7月からずっと20SMAの上で推移しています。

ヒゲこそ下抜けする場面はありましたが、実体は必ず20SMAの上に戻ってきています。

昨日のリスク回避+要人発言で、今日のローソク足が20SMAの下で確定するのか注目してみたいと思います。

本日は、東京・中国・欧州・ロンドン・NYとフル市場となっています。

週明けの窓開けからの展開がどうなるのか注目しています。