#PR

ユーロ米ドル1.0500手前での戻り売り JOLTS前に手仕舞いたいところ

この記事は約2分で読めます。

本日は23:00より、雇用動態調査(JOLTS)求人件数 8月が予定されていて注目が集まっています。

昨日のユーロ米ドルは利食いした後に大きく下げて1.0500割れし、戻ることなく1.0400台で推移しています。

ユーロ米ドルは基本戻ったら売るという戦略ですが、急速に下げましたので戻りもあるかと思われますが、それでも戻り売りを狙ってみました。

ユーロ米ドル4時間足チャート

LION FX C2
チャート:LION FX C2

ユーロ米ドル4時間足チャートでは、昨日の下げからやや戻った辺りの1.0490付近にレジスタンスラインを引いています。

ロンドン時間で、やや戻す動きがあり1.0493まで上昇しています。

ユーロ米ドル15分足チャート

LION FX C2
チャート:LION FX C2

基本は4時間足チャートですが、エントリー時や細かい値動きを見るのは15分足・1時間足チャートになります。

今回は15分足チャートで、少しフライング気味になるかと思いますが、前回高値1.0493をトライして超えられず反転したところを1.0482で売りエントリーしました。

15分足でダブルトップという感じになっていますが、完全に下抜けしきれていないところと、直下に20SMAがあるところが気になりますが・・・

少し早すぎるエントリーで、上に持っていかれる可能性もありますが、損切りは10pips強で設定してリスク選好ということで売っています。