ポンド米ドル [GBP/USD]

ポンド米ドルが1.2300付近まで下落 売りポジションは決済して明日以降の展開待ち

先週末からポンド売りが加速していまして、週明けから狙い売りポジションを持ちました。 ポンド売り優勢はしばらく続きそうですが、利食い千人力ということで手仕舞いしました。 ポンド米ドル15分足チャート PR:この記事での使用チャート  ポンド米[続きを読む]
ポンド米ドル [GBP/USD]

週明け月曜日はポンド売りが加速 ポンド米ドル1.2400付近から戻り売りで参入

週明け初日の市場はポンド売りが優勢となっています。 現在19:00ごろでは、ポンド円・ポンド米ドル・ユーロポンド・ポンド豪ドルすべてでポンドが売られている状況です。 現在一番弱い通貨には、一番強い通貨を組み合わせるのがベストと考えてポンド米[続きを読む]
LION チャートPlus+

米ドル円155円突破狙いのロング組と為替介入待ちのショート組の歪な売買ポジション状況 [LION チャートPlus+]

先週末は、中東情勢緊迫ということでリスク回避の動きとなり、米ドル円は153円台半ばまで下げましたが、瞬く間に全戻しする結果となりました。 155円手前にして時折大きく下げる場面が増えて来ましたので、LION チャートPlus+で現在の売買ポ[続きを読む]
ユーロ円 [EUR/JPY]

ユーロ円がリスク回避の巻き戻しで164円台まで上昇 週明け月曜日の戻りを狙い短期トレード

先週末は、中東情勢混迷で相場はリスク回避の動きとなりました。 イスラエルへのイランの報復もほどほどで落ち着いた様でしたので、週明けはリスク回避を巻き戻す展開になると考えました。 昨日は、ユーロ円かポンド円の選択でユーロ円を選びました。 ユー[続きを読む]
NZドル米ドル [NZD/USD]

中東情勢混迷でのリスク回避相場で米ドル買い優勢 NZドル米ドルのサポートライン割れを短期トレード

週末は、イランがイスラエルへ攻撃を予告し市場はリスク回避の動きとなりました。 今回は、米ドル買い・円買い優勢となり、一部の通貨では豪ドルがやや買われるなど地政学的リスクを重視した動きとなっています。 ユーロ米ドルのトレードを終えたばかりで、[続きを読む]
ユーロ米ドル [EUR/USD]

米ドル円は介入警戒で買い控え ユーロ米ドルの売りを検討しての短期トレード

米消費者物価指数が市場予想を上回り、その後の米ドル円は153円を超えて堅調推移しています。 米ドル円は、介入警戒感から買いから入るのは危険と判断し、多通貨+米ドルの組み合わせで検討しました。 もちろん、米ドル買いです。 ユーロ米ドル1時間足[続きを読む]
NZドル米ドル [NZD/USD]

オセアニア通貨が強い NZドル米ドルで政策金利発表前のジリ上げ狙いもストップに掛かり微益撤退

最近は、オセアニア通貨が強い傾向にあり、豪ドルは対円では100円台で推移し、対ドルでも徐々に盛り返し0.6600台まで上昇しています。 また、NZドルも対円で92円付近まで上昇し、対ドルでも0.6000台まで上昇しています。 昨日は、NZド[続きを読む]
ポンド円 [GBP/JPY]

ポンド円が192円台到達 リスクオンでロンドン時間から早朝までのオーバーナイトトレード

昨日は、4月10日に3月米消費者物価指数を控える中、米ドル円が152円手前で睨みを効かせる1日となりました。 米ドル円は152円の壁があり、円売りとなっても上昇し難い感じがしましたのでクロス円を狙うことにしました。 その中でも最近は強さが増[続きを読む]
ユーロ米ドル [EUR/USD]

ユーロ米ドルが4時間足200EMA付近まで急上昇 戻り売狙いのポジションは早々にストップに掛かる

ユーロ米ドル4時間足チャート PR:この記事での使用チャート  ユーロ米ドル4時間足チャートです。 一昨日は1.0720付近で下げ止まると買い戻され、1.0770付近で推移していました。 4時間足20EMA(ピンク)が頭を押さえて再度下げに[続きを読む]
米ドル円 [USD/JPY]

米ドル円が年初来高値151.95円まで上昇も3月ISM非製造業景況指数下振れで反転下落 151.50円付近のサポートラインは健在

米ドル円1時間足チャート PR:この記事での使用チャート  米ドル円1時間足チャートです。 3月ADP雇用統計は市場予想を上回り151.95円まで上昇しました。 その後の3月ISM非製造業景況指数が市場予想を下回り151.60円付近まで下落[続きを読む]