#PR

米ドル円は一時146.62円を付ける週明けの大きな窓 植田日銀総裁が金融政策正常化について語る

この記事は約1分で読めます。

米ドル円が大きな窓を開けて今週が始まりました。

週末には、植田日銀総裁がインタビューでコメントを出しました。

  • 持続的な物価上昇に確信が持てた時期になればマイナス金利の解除を含め色々な選択肢あり
  • 賃金と物価の好循環を見極めるデータが年内にも揃う可能性がある

米ドル円1時間足チャート

チャート:LION FX C2

米ドル円は週末147.79円で引けましたが、今日の朝は大きく窓を開けました。

窓開けは100pipsちょっとで一時146.62円を付けていますが、現在はやや買い戻しが入りましたが未だ147.10円付近で推移しています。

窓埋めとなり週末の水準まで戻すのかに注目が集まっています。