#PR

スイスフラン円は163.22円まで上昇し高値圏で引ける

この記事は約2分で読めます。

昨日はNY市場になるとスイスフランが買い優勢となり、NY市場の終盤まで買われ対ドル・対円のどちらにも上昇しています。

昨日はストップに掛かりそうに危ない場面もありましたが、8月2日(水)162.18円 ロングポジションは持ったままとなっています。

スイスフラン円1時間足チャート

スイスフラン円1時間足チャート

スイスフラン円1時間足チャート見ると、東京市場では売り優勢で一時は162円割れする場面もありましたが、昨夜22時あたりから買いが入り163.22円まで上昇しています。

そのまま1時間足の200SMA、100SMA、50SMAと上抜けて上昇しています。

同じタイミングで米ドル円が142.57円まで、米ドルスイスフランが0.8721まで高値(安値)を更新し、NYダウは35,473まで上昇し+407ドルで引けています。

早朝では動きが乏しいのもありますが、各通貨は高値圏(安値圏)で推移しています。

スイスフラン円日足チャート

スイスフラン円日足チャート

スイスフラン日足チャートでは、昨夜の上昇もありローソク足が10SMAの上に位置しています。

日足のRSI(14)は、50%をなかなか下回らず良い感じです。

スイスフラン円は、もう少し持っていようかなと思います。