#PR

豪ドル円が98円台割れでやや売りに傾き中 4時間足サポートラインから2ポジ目の買い増しエントリー

この記事は約2分で読めます。

豪ドル円が98円台割れし上値が重たい展開となってきています。

現在、買いポジションを持っていまして仕事の休憩中もチャートとにらめっこ状態でした(笑)

それでも、個人的には買い目線は継続していますので、4時間足チャートで買い場を探りました。

豪ドル円4時間足チャート

豪ドル円4時間足チャートでは、97.58円付近にサポートラインを引いています。

今日のロンドン市場で、このサポートラインのほぼピッタリで一旦は下げ止まったのかなと思っています。

サポート要因は、97.58円のサポートライン、4時間足20SMA(イエロー)、少し離れていますが日足20SMA(オレンジ)があります。

今回の上昇では、11月16日の高値98.64円を上抜け出来なかったこともあり、現在では少し売りに傾いています。

それでもまだ4時間足レベルでは、1度上値を押さえられたものの右肩上がりを維持しそうですので、1時間足を見ながらもう1ポジション買い増しました。

豪ドル円1時間足チャート

豪ドル円1時間足チャートですが、チャートがかなり厳しくなってきています。

それでも、4時間足チャートに引いたサポートライン97.58円からの反転を狙ってみました。

1時間足レベルで前のローソク足の陰線を上抜けていく辺りの97.70円で買いエントリーしました。

買いエントリー後は、1時間足20SMA(ピンク)がレジスタンスとなっています。

その後、97.90円-98.00円付近のレジスタンスライン、先日上抜けしたチャネルラインの下限(裏)、4時間足20SMA(オレンジ)と前途多難です。

先回からの持ち越しポジションを含めると平均コスト97.45円となりました。

米ドル円が大きく下げてからやや反転していることと、豪ドル米ドルが堅調なことにも期待しつつ、もうしばらく豪ドル円買いポジションを持ってみたいと思います。

なかなか厳しいかもしれませんが、再度上値トライしてくれると・・・